猫の話し その2

それからボスはと言うと・・・
画像
実は毎週末行くたびにボスを捜しに行き、そしてボスの気持ちを聞きつつ玄関に泊めています。
ベッドも置いたのですが、下駄箱の1番下の段が気に入ったようです。。
画像


最初はいつだって私たちが来ると、ちびにいじめられても坂の途中まで来ていたボスは、最近ではすぐに来ないこともあり、ちゃんとどこか餌にありつける場所が、もう今はあるんだと思います。
それからちびの様子を見ていても、ボスは一方的にちびを避けていますが、ちび自身は今はあまり何とも思っていないようで、今は発情期ではないんだと思います。
それでも負け猫となってしまったボスには緊張感たっぷりの外の世界、週末くらいはご飯をゆっくり食べ、そして疲れた身体をじっくり休めればと思っています。
画像


それにしても猫って利口ですね。
夜はずっと一緒にはいてあげられないので、ドアを閉めるのに玄関に猫トイレをおいたら、ちゃんと何も教えなくってもトイレでして、そしてちゃんと埋めて・・・
ただ困ったことは、きれい好きで埋めるだけではイヤなのか、必ずトイレをすると鳴いて鳴いて・・・仕方なく夜中でも起きる羽目になります^^;(まっけっこう旦那さんが起きてやってくれていますが・・・^^;)
うちにいると一気にご飯を食べるせいもあって、それがけっこういっぱいだったり頻繁だったり・・・
寒い季節になってきたのもあり、けっこうつらいですね。

でも猫ってかわいいですね。
玄関で一緒に過ごしていると、膝に乗ってきたりくっついてきたり、とにかくゴロゴロ。
一生懸命爪を立てないように甘え、でも嬉しすぎると踏み踏み・・・爪を立ててしまったり^^
とにかく毛も柔らかく触り心地がよく、こちらも癒されます。
画像


そうそう、犬たちには悪いのですが、ボスがいると私も旦那さんもつい猫優先で、ずっと玄関で一緒に過ごしてしまったり・・・でもそれで発覚したことがあります。
実は旦那さん、猫アレルギーでした。
ボスといて少しすると、鼻はずるずるくしゃみは連発^^;
私よりもうんとボスと仲良しで、本当によく面倒を見てくれている旦那さん、かわいそうですね。。。
画像
昼間、玄関で一緒にいれるときは少しドアを開けておくのですが、そうするとやっぱりゆっくりは出来ないみたいですね。
猫たちを見ていて気付いたのですが、出入りが1カ所のところにはいないみたいですね。
ちゃんといつでも逃げられるように、八方ふさがりにならないように考えて休む場所を選んでいるんだなって思いました。
感心しますね。
なので疲れていたりお腹がすいているとき、ちゃんと見ていてあげられないときは、ドアを閉めることにしています。
最初は閉められること自体を怖がっていましたが、今はそうするとゆっくり出来るようです。

でもだんだん元気になったボスは最近は外に出たがることも多くなりました。
画像
なので一緒にいれるときは玄関外で一緒に座っているのですが、足がなくなってしまったせいなのか今では子猫の気配ですら怖がって逃げてしまいます。
こちらもずっと付いていてあげることが出来ないので、かわいそうな逃げ方になってしまうときも多々あります。
そういうところを見ると、なんだか不憫で野良で生きさせることにまた考えさせられちゃうんですけどね。

画像
とは言え今はすっかり元気になり、傷も化膿したりもなく、毛が生えてもう大丈夫そうです。
そして今は逆に、旦那さんにご飯をたくさんあげるのをきつく叱っています。
かなり以前のように丸顔になり、太ってきちゃいました^^;
3本足ですし、体重には気をつけないといけませんからね。
旦那さんはボス不憫さに美味しい餌ばかり買ってきてはたくさんあげてしまいます。
困ったものです。。。
とは言え我が家は毎日いるわけじゃないので、やっぱり今では行動もどんどん昔のように出来るようになり、ちゃんとどこかで餌をもらえているんだと思います。
あとはまた繁殖期が来たり、傷の様子がまた心配になったりをしっかり気にしていってあげたいと思っています。

正直まだまだ迷い迷い、どうなっていくのか分かりません。
いろいろな意味で他の子のことだって、つい気になってしまうのも確かです。
なにより1番気になることは、ボスの足がトラバサミでやられていたこと・・・
他の子にも可能性があると思うと、毎回猫たちが皆無事か気になって仕方がありません。

ボスは、トラバサミに挟まってそれが取れずにかなりもがいた結果、膝上のところで切断されたらしいです。
切断された部分より上の腿にも傷がありましたから。
でもトラバサミだったから、命が助かったと言うこともあるみたいです。
実は最初、人間に直接やられたのではないか?とも思ったりもしたのですが、もしもそうだったなら・・・
例えば斧で切られたりしたら、出血がひどくて命はないだろうと言うことです。
トラバサミですぱっと切れなかった分、止血にもなったという不幸中の幸いといえるかも知れません。

といったって、トラバサミを仕掛けたのは間違いなく人間です!
それが猫に向けてではないとしても、作物を守るためであったとしても、それは恐ろしい話しです。
農業従事者ではない私がとやかく言えることではないのかも知れませんけど、それでも下のおうちのおじさんと話していたとき、今はトラバサミをかけるなんてあまり聞かない・・・自分も引っかかる恐れがあるし・・・と言っていました。
それからボスのことでお世話になった千葉の病院では、農業の人が農業の場所でというだけでなく、猫が庭に入ってくることを嫌がる人などが目的で使っていることもあるようです。
なんて恐ろしい話しでしょうか。。。
かかった動物がなんであっても、何かが罠にかかりもがいている姿を見られる人間がいることが、私にはなにより恐ろしいです。
そしてこのトラバサミ、少し調べてみるとやっぱりいろいろと問題になっているようです。
ホームセンターでまだ売っているところもあるらしく、そこではもちろんペットも陳列販売させていて、そしてペット用品も充実していて・・・
人間って本当に矛盾だらけで、そして悲しい生き物ですよね。
そんな人間を哀れみながらも許してくれている動物たち、愛してくれるペットたちは大きいなぁって私はいつも思います。

そんな動物たちに、私には何が出来るのか・・・
まったく偉そうに・・・やっぱり私も人間の端くれ発想ですが・・・
でも今はなにより猫たちがみんな無事で、そして元気にやっていくことを陰ながら見守っていくしかできません。
ボスに関しても、ボスが頼ってきてくれる限り、今後も気にかけていきたいと思っています。
とは言えボスなんですけど、ちび同様そろそろダイエットが必要なくらいになっていて・・・
すみません、気をつけますね^^;
画像


長々と書いてしまいました。
いろいろと感じる方もあるかも知れませんが、素直に、これが現状でそして今の私の気持ちです。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

こんにちは♪
2010年11月12日 15:40
う~~~ん。
複雑なお話ですね。。。

お久しぶりです^^
rieです。

猫嫌いな人。。。
いますよね。
そういう人はどんな事でも気にせず実行しますから。

猫を嫌がる原因の1つに、ニオイがあります。猫の糞尿のニオイは犬とは違います。
いつも同じところでするので、かなりニオイはきついです。
耕したフカフカの土をトイレにするコも大勢いて。
それを凄く嫌がる人も多くいます。
実際に実家で猫を飼っていて、その猫がお隣さんちにトイレを作ってしまったんです。
お隣さんにはとても迷惑をかけ、他にも近所には野良ちゃんがいて、そのコ達は花壇をトイレにしてしまい、回覧板で回ってきた事もありました。

何が一番いいのか、どうしたらいいのか。。。
それは去勢なのです。

猫の繁殖率は凄まじいものがあります。
どんどん増えていきます。
ある程度なれているのなら、捕獲をして手術をする事をお勧めします。

以前私もお世話になった団体さんがあるんですけど、そこでは、大きなケージを貸してくれます。
そこにご飯をいれて捕獲。
団体さんがお迎えにきて手術を行ってくれました。
料金もそこまでかかりません。
その分、丁寧さはかけると思いますが。。。
それでも、これが野良ちゃんと人間のいいお付き合いが出来る唯一の方法なのかなぁと私は思います。

ちなみに3匹団体さんにお願いしました。
みぃさんのところは7匹?でしたっけ^^;
2010年11月15日 09:31
rieさん

お久しぶりです^^お元気ですか?
長々と・・・読んでくれてありがとう。

猫たちの臭い、そうだねぇ・・・
我が家も庭の端でトイレをする猫ちゃんがけっこういて、年々かなり臭いが強くなってきたよ。
犬たちはそれを嫌がって、たまこは本能が強い子だから昔はあまり庭でトイレをしなかったのに、最近はあえてするようになったしね。
それに一緒に玄関にいると、スリスリしているときにくっさい臭いをたまに発する気がします^^;
でも私はちょっと考えが動物寄り・・・というか人間反対論的だと自分でも思うんだけどね。
私としては、人間が自然を間借りしているように思ってるから、仕方がないかなぁって・・・まぁ出来れば庭の外でして欲しいとは思うけどね^^;
まっそれも人間都合と言うことで。

なんかね、本当に難しいんだけど、猫や犬は特に人間の力で生きちゃっている部分があるから自然だけでは片付けられないのは分かっているんだけど、それでもパッとは答えが出せなくてね。
簡単に去勢・避妊って、やることはもちろんうちもそんなにゆとりがあるわけでもないから余裕でってわけじゃないんだけど、でもボランティアさんにも良心的な病院を教えてもらったりで、捕まえられたら7匹やっても全然いいとは思っているのね。
でもね、それが本当に良いことなのか、ましてやずっと近くで、毎日確認してあげることも出来ないのに・・・って思いもあるんだ。
2010年11月15日 09:32
ごめん、長くて一気にアップできなかったから↑の続き

我が家のテリトリーには7匹でも、他の猫を見かけないわけじゃないし、すぐ近くに別の集団がいて、何となくフサフサ度合いやカラーとかどこかで血がつながっていると思うのね。
旦那さんは先週、そこにチビがいるのを見かけたって言ってるし。
そんな中去勢をされた子達としてない子達・・・どうなんだろう???ってやっぱり感じずにはいられないんだよね。
今では家で飼っている猫や犬、もちろん庭でもだけど、ペットに関してはその方がいいとは思ってはいるんだけど、それは一生何があっても責任を持っていくって言うことが前提だと思うのね。
あの子達に関してはそれは出来ないくせに、中途半端に人間都合で人間が手を加えて、ましてやそれでもし弱くなってここを追われたとしてもそれに気付かず、目に入らなければ心配しなくてもいいってなって・・・
現実その週に見あたらない子がいたりして、それが続いたりすると、きっとあの子は誰かが家に入れてくれたり面倒みてくれるおうちがあるんだって都合よく考えちゃったりするもの。
ボスが来ないときもそう思ったりしたし、トラに関してもあの子は控えめでかわいいからきっと誰かのおうちで幸せにやっているって思おうとしているし。
じゃぁ下のエリアの子達も・・・って、どんどん出てきて、それは私1人の力ではとうてい無理で、自分の周りの子達を守るどころか、周りの子達だけ人間の手を加えてでも飼ってあげられなくてかわいそうな思いをさせて・・・
やっぱり動物目線が残ってしまっている私はそう思っちゃうんだよねぇ・・・
ごめん!長々と!!!
でも本当、まだまだ考えないとね。
rieさんのアドバイスももちろんありがたく、参考にするね。
ありがとう。。。

この記事へのトラックバック