里親募集!!!よろしくおねがいします。。。

この猫ちゃんを家族の一員として大切に育ててくれませんか?

まずはとにかく写真を貼ります!
ただ、今日の今日で夜ということもあり、写真はとっても写りが悪いです。
明日になったらまた貼りたいと思っていますので、よろしくご了承のほどお願いします。
画像
画像
画像
画像


柄はこんなです。(やっぱりピンぼけですみません^^;)
画像
画像


フラッシュをたいた写真を1枚。
画像


私は猫について、飼ったことがないのでよく分からないので、私が思ったことを書きます。
すみません。

体重は1キロはなく、とっても小さくって軽いです。
鳴き方もまだ「ニャー」というには未完成なので、子猫だと思います。
2ヶ月程度・・・とも思ったのですが、ミルクをあげても飲まず、
その代わりたまこ用のカンガルーの生肉は食べたので、もう少し育っているのかも知れません。
それから人には大丈夫なので、飼われていた猫なのかも知れません。

柄はとってもきれいです。
千倉の猫のトラ柄よりも、もっときれいなトラ模様で、
私には純血種のようにも見えますが・・・わかりません。
顔は細く、洋猫顔です。
そして手が大きく、尻尾は長いです。
とにかく見た目は少しやせっぽちですが、きれいな猫です。
一見して病的な感じや、何か障害のようなものも見あたりません。
1つだけ気になるところはあるのですが・・・

以上、今のところ私の分かる・思うことです。
明日の朝になったら気になるところも含め、動物病院に連れて行って、
詳しく診てもらうつもりです。
そうしたらまたアップします。


さて、ここからは私がこの子と出会った経緯を少し書きますね。
実は今日は母の祖母の3回忌で、姉と一緒に日光に車で行ってきました。
そんな帰り道、もう午後7時を過ぎ、雨も降っていて暗くなってきていました。
そんな中、駒形から箱崎に向かう首都高速の上でこの子と出会ったんです。
なんと一般道の上にかけられている首都高速上の、なおかつサイドの壁の
そのまた上の斜めになっているフェンス的なアルミの部分に挟まるように、
子猫がニャーニャー鳴いていました。
どうして高速の上の、そんなところに猫がいるのか、未だにさっぱり分かりません。
空から降ってきたのか、それとも万が一の確率で自分で迷い込んだのか、
あとは人の手によるものなのか・・・
子猫ちゃんはどうにも下りられないような位置でしたが、
もしも高速側に下りれば車にひかれるでしょうし、
逆側に下りれば何十メートルも下の一般道まで転落したのかも知れません。

それから今回、とっても偶然が続きました。
実は1つ前で高速を下りるつもりでしたが、話しに夢中になってすぎてしまったんです。
それから雨が降っていたので、窓を開けることはなかったのですが、
ちょうど少し小雨になったのと、みみが気持ち悪そうにしていたので、
空気を少し入れ換えようと窓を開けたところでした。
そこにどこからともなく猫の鳴き声が・・・
あの子も力一杯鳴き続けていてくれたので、うるさい高速でも発見することが出来ました。
あとは、渋滞だったこと。
もしも普通に流れていたら、どうしたって、発見していたって止まれませんでした。
でも実際、発見も出来なかったと思います。
車は姉のハリアーだったのですが、ハリアーの高さでも視界に入らない高さに
猫ちゃんは挟まっていました。
一般車ではとうてい無理で、トラックだったら見えるのかも知れません。
今、怖いことを思いつきました。
トラックだったら逆に渋滞の中だったら猫をそこに置くことが出来る・・・って事ですね。
うわっ、わたしって怖い・・・あくまで想像です。

それにしても渋滞だったとはいえ、本当は止まっちゃいけませんよね。
首都高ですし・・・
でもちょうどそこでいったん流れが止まったんです。
それからすぐにゆっくりとでも、前の車は走り出したんですが、
私はアクセルを踏むことが出来ませんでした。
姉と顔を見合わせ、少し沈黙し、そして助手席の姉に
「お願いだから下りてあの子を助けてあげて!」って言うと同時にハザードをたいてしまいました。

姉はとにかく恐怖だったと思います。
まず、高速上で車から降りる恐怖。
壁を途中までのぼらなければいけない恐怖。
自分の行動1つで、猫の命がかかっている恐怖。。。
姉が近づいたことで、手を出したことで、猫はもっと恐怖を感じて
飛び降りてしまうこともあったんですから。
姉は、恐怖でパニックを起こしそうな子猫ちゃんを、素早くぎゅっと引っ張り出してくれましたが、
それでも車に猫を抱えて乗り込んだときは震えていました。
姉の勇気に本当に感謝です。
そして渋滞の中、急に止まってわけの分からない行動をしている私たちの車に
だれも文句を言ったりクラクションを鳴らされたりもなかったと事にも感謝です。
猫を見つけ、前が進んでも進めなかった私たちが外に下りて行動に移すまで
ほんの少しですが、でも時間があいてしまったと思います。

これら全ての偶然は、この子を助けなければいけない偶然だったんだと思います。

そんな偶然、運命の出会いともいえる子ですし、本当だったら飼うべきなのかも知れませんが、
うちには3匹の犬がいて、そして猫嫌いです。
猫を抱いて帰ってきた時、夜なのにご近所迷惑になるくらい猫を見て吠えるので、
今日は私と猫ちゃんが和室を閉めて隔離状態で暮らすことにしました。
この生活を長く続けることは出来ません。
犬にも猫にもストレスですし、正直言うとなにより私がストレスです^^;
犬や猫の面倒などのことではないです。
旦那さんとの間に挟まれてです。
旦那さんも動物好きなので怒ってはいませんが、まずはうちの子あっての他の子です。
うちの子に我慢させる生活を、一時でも快くは思ってくれません。
助けたことではなく、連れて帰ってきたことには不満みたいです。
あとは私が情が移って飼いたいって言い出すんじゃないか・・・
とも思っているのかも知れませんね。

でも・・・それはないです。
もしもこの子を飼うのならば、私にはもっとちゃんと面倒を見なければならない猫家族が
千倉にいますからね。
あの子達を引き取ることも出来ないのに・・・です。
なんとしても里親さんを探すつもりです!
みなさん、勝手なお願いですがよろしくお願いします。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ake
2009年08月03日 08:52
梅雨も空けそうな感じですが
みいさん おねえ様 色々とご苦労様でした
そして何より「我家で育てられない理由」に納得しちゃいました(違ったところに食いついてごめんなさい)
でも全くその通りですから
我家にもストレス与えられない仔が居るし(苦笑)
けれど中々自分の中でも上手く納得させられない優柔不断な私には小気味良く歯切れ良く
そしてちゃんとこの猫ちゃんへの愛情も伝わり
相当年配の私はただただ脱帽です(爆

けれど命って凄いと思う
見つけられないままなら野良ちゃんになるか絶えてしまうか
けれど穏やかな暮らしを保障されるべく状況に置かれたこの猫ちゃんも又強運の持ち主よね
猫ちゃん好きなご家庭で育ててくださると良いナァ
しかし本当に奇麗な仔ですね
わんこ家族ちゃん達もがんばれっ!
rie
2009年08月03日 09:20
そんな事があったんですか。。。
2ヶ月よりも大きそうだけど、病院ではどうでしたかねぇ??
大分顔つきが大人びていますもんね。

後の事を考えると複雑ですが、この猫ちゃんが助かってよかったぁ。
猫は時には突拍子もない行動をしますから。パニック起こすと大変です。
お姉さんの手から逃げ出さずにいてくれて本当によかったですよ。。。

早くこのコの家族がみつかりますように。。。
2009年08月04日 10:06
akeさん
猫ちゃんは無事、よいご家庭に旅立ちました^^
って、まだ決まったわけではないのですが^^;
でも多分大丈夫・・・かな?
そして絶対家族にして貰えたなら、幸せなこと間違い無しのご家庭なので、私も嬉しいです^^
あの子はものすごく怖い思いをした分、きっとこれからの猫生、幸せなモノになること間違い無しだと思いますし。
それに動物病院の先生にも、とってもかわいいし、性格も大人しいし、この子なら張り紙をすればちゃんと飼い主さんが見つかりますよってあっさりいわれ巻いたしね^^
なんだかやっぱり犬よりも猫のほうが、パピーに関しては飼い手が見つけやすいのですねぇ・・・
実感しちゃいました。
まぁわんこは拾い子犬となると大きくなる子も多いですからねぇ。

ご心配をおかけして、ありがとうございました^^
2009年08月04日 10:14
rieさん
なんだかさ、あり得ない事って、人生では起こるんだねぇ。。。
今でもあの子がなんであんなところにいたのか、高速ったって首都高で、一般道からははるか地上でしょう?
出入り口から入り込むのもちょっと難しい場所なんだよね。
しかもどうにものぼりにくそうなアルミの間に挟まれて・・・
コングリートの防護壁の上に昔のフェンスとは違って斜めにだんだんになっているところの間なんだよねぇ・・・

そして本当に猫が手を出すことで飛び降りなくってよかった。。。
外側に飛んで墜落していたら、私も姉ももう一生立ち直れないもの。。。
特に姉だよね。

そうそう、この子ね、写真だとみんなもっと大人に見るんだけど、2ヶ月は過ぎているだろうけどやっぱり2・3ヶ月みたい。
とってもお顔がしっかりしているんだよね。
でもまぁ痩せているのもあるんだけど、ものすごく小さいの!
猫飼いのお友達2人、どちらも最初に写真を見てから会って、あまりの小ささに驚いていたもの。
もっと大きい子に見える顔みたいだねぇ。
とにかく器量よしさんでした^^

この記事へのトラックバック

  • 感謝・感激・雨・あられ!?

    Excerpt: 相変わらず忙しくやっています^^ Weblog: 週末田舎暮らし 平日下町暮らし racked: 2009-08-21 14:00
  • 猫の話し その4

    Excerpt: 続きです。。。 朝になりみんな元気なので、ちょっと食べ物やお水を入れて様子を見ることに。。。 食べれたらオスから徐々に放していくことにしました。 Weblog: 週末田舎暮らし 平日下町暮らし racked: 2011-01-17 13:18
  • 密かに・・・命

    Excerpt: あまり私らしくなく、なんとなく後ろ向きというか反社会的!?というか・・・ あっ、私いつでも半人間的なんですけどね^^; なので密かに重ねてアップします。 私は偏った人間なので、大目に見てやってく.. Weblog: 週末田舎暮らし 平日下町暮らし racked: 2012-02-19 23:15